囮物語 あらすじ・ストーリー

・囮物語 ストーリー

公立七百一中学に通う千石撫子は大人しく、無口で、可愛い少女である。

彼女は6月に恋愛がらみでクラスメイトから死に至る蛇の呪いを受け
危機一髪のところを、かつての同級生の兄である阿良々木暦に救われたことがある。

撫子は小学生の頃から暦に淡いようで深い恋心を抱き、両想いになりたいと願っていた。

そんな中、撫子は10月31日に学校の自分の下駄箱に白い蛇がいるのを見かける。
その蛇はすぐに消えてしまったが、その後も立て続けに蛇の姿を見かけ
白い蛇「クチナワ」からある頼みをされる。

かつて同級生にかけられた呪いを解こうと蛇を切り刻んだことのある撫子は
その償いのために頼みを受け入れる。

(wikipediaより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2011年 10月7日
  2. 2011年 10月7日