猫物語(白) 名言集

猫物語(白)の名言集です。
好きな名言・迷言をコメントで教えて頂けると嬉しいです

「阿良々木くんに迷惑をかけるのが嫌なら、何にも出来ないけれど、
私を巻き込んでちょうだい。そうね、一緒に死んであげるくらいのことはできるわ」
(by 戦場ヶ原ひたぎ)

「もやしっ子って、実はすごい褒め言葉なんじゃなくって!?」
「萌やしっ子……」
(by 戦場ヶ原ひたぎ&羽川翼)

「家族はいなきゃいけないものじゃないけれど、いたら嬉しいものであるべきなんだ。
私はそう思うよ。母親としては」
(by 阿良々木母)

「人は嫌なことがあったらどんどん逃げていいんだけれど、
目を逸らしているだけじゃ、逃げたことにはならないんだよ」
(by 阿良々木母)

「さっきお前も言ったじゃねーか。どうなろうと全部お前だよ。
変わってもお前だ。安心しろ。そこで変に甘やかしたりはしない。
嫌な奴になったら嫌ってやる。悪いことしたら怒ってやる。
恨まれたら庇ってやる。頭が悪くなったら――まあ、僕が勉強を教えてやるし」

泣いたら慰めてやる。
(by 阿良々木暦)

「誰もが誰かの続きであり、誰もが誰かに続くのじゃよ。
前の世代から受け取ったパスを、次の世代に繋げる。
いずれ誰かがシュートを決めるじゃろうし、シュートが決まった後も試合は続く。
それが血統ということであり、それが伝承ということじゃ」
(by 忍野忍)

「私は本物じゃなくて、人物でありたい」
「美しくなくっていい。白くなんてなくっていい。私はあなた達と一緒に、汚れたい」
(by 羽川翼)

「ああ、噂ではいるらしいね。目玉焼きに何かかける人って」

「無理だったかもしれない。無茶だったかもしれない。でも―無駄じゃなかった。
お前が命懸けで頑張って、この虎の放火をたった十秒遅らせてくれなかったら、僕は間に合わなかった」
「そしたら僕は、きっと泣いてたぜ」
(by 阿良々木暦)

私はあなた達を愛し、私を愛します。
(by 羽川翼)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。