阿良々木VS八九寺

阿良々木VS八九寺

「そういえば、阿良々々木さんは――」
「々が一個多いぞ!?」

「どうかされましたか、阿良良々木さん」
「今度は良が増えてるからな」

「あ……、阿々良木さん」
「入れ替わってるからな」

「あ……ありゃりゃ木さん」
「阿良々木だ」

「良々々木さん」
「……さっきのに比べれば限りなく正解に漸近した感じではあるが、
しかし八九寺、僕の名前をミュージカルみたいに歌い上げるな。僕の名前は阿良々木だ」

「むらら木さんじゃないですか」
「他人のことを欲求不満みたいな名前で呼ぶな。僕の名前は阿良々木だ」

「とにかく、ぼらら木さん」
「人を淡水汽水どちらにも生息する出世魚みたいな名前で呼ぶな。
僕の名前は阿良々木だ」

「何良々木さん」
「遂にただの誤植になってしまったか……」

「阿良々木・・・読子さんじゃないですか」
「概ねその通りであって非常に惜しい感じなんだが、しかし八九寺、
人を神保町に本で詰まったビルを所有している大英帝国図書館特殊工作部勤務の
紙使いのおねーさんみたいな名前で呼ぶな。僕の名前は阿良々木暦だ」

「なるほど、修羅良木さん」
「ものすげー格好いいからむしろそっちの名前に改名したいくらいだが、
しかし八九寺、何度も何度も繰り返して言うように、僕の名前は阿良々木だ」

「まあ、それはともかく、ローリング阿良々木さん」
「僕に面白いキャッチをつけるな!あとローリングにロリコン的な意味合いはねえよ!」

「あのですね、クララ木さん」
「一字違いで大間違いということを示す意味では中々の好例ではあるが、
しかし八九寺、僕をアルプスの少女に応援されて立ち上がりそうな
車椅子の令嬢のように呼ぶな。クララ木さんは立たねえよ。僕の名前は阿良々木だ」

「はあ……阿良々木さんですか」
「いや、名前噛めよ!」

「あのう――木々良木さん」
「……もうほとんど原形が残っていないから果たしてそれが僕の名前の言い間違えなのかどうかも定かじゃあねえが、
しかし八九寺、僕の名前をファンシーグッズのリトルツインスターズみたいに言い間違えるな。覚えてくれるまで何度でも繰り返すけれど、僕の名前は阿良々木だ」

「しかし伽羅蕗さん」
「いや、八九寺。僕の名前を蕗の茎を醤油で煮つめた、
ちょっとした通好みの食材っぽく言い間違えるな。僕の名前は阿良々木だ」

「ところで乾拭木さん」
「確かに僕は明日、神原の部屋を掃除する予定だけども、
だからと言って別に掃除好きの掃除マニアってわけじゃないんだから、
乾いた布での清掃法みたいな名前で僕を呼ぶな。僕の名前は阿良々木だ」

「では、雑談がお気に召さないようでしたらクイズなど如何でしょう、ドアラ木さん」
「やっぱお前僕の名前を噛みたいだけじゃんという突っ込みをぐっとこらえて
言わせてもらうけれど、中日ドラゴンズのマスコットキャラクター風に
僕の名前を言い間違えるのもやめてもらおうか八九寺!僕の名前は阿良々木だ!」

「ところでパラレ木さん」
「今の流れで、そんな噛みかたをするな!僕が偽物みてーじゃねーか!
噛みかたにおいて手を抜くな、僕の名前は阿良々木だ!」

「失礼、噛みました」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2011年 10月8日
  2. 2011年 10月8日