化物語<下> 感想

化物語<下> 感想(ネタバレあり)

私はアニメ版から入った人間なので物語の流れは
知っていましたが物語シリーズ特有の「会話劇」は
相当カットされているのでそれだけでも十分読む価値がありました。

なのでアニメ版を先に観た視点での感想です。

まず、なでこスネイク。
アニメだとあっという間に神社まで到着する訳ですが
そこまでの神原との掛け合いが実に50ページ程。
神原が完全に変態。
こんな女友達欲しい・・・いや、変態すぎるか?

小説版の方が結末のやるせなさがありました。
千石は助かったけど呪いをかけた側に蛇が戻る訳ですから。
その辺の心理描写は小説版の方が伝わってきました。

続いてつばさキャット。
千石との対話に始まり戦場ヶ原とのデート。
星を見に行くシーンはやはりアニメ版の方が良かったです。
小説版だとあのシーンでもボケてますし。

続いて羽川の騒動。
私がこれを書いてる時点で先の展開まで知ってしまっているので
感想を書いてしまうとマズイんですが、一つだけ。
完璧超人みたいな羽川ですが人間らしさの描写が
共通して描かれています。
羽川でもストレスは溜まるし、嫉妬もする。
GWの話やその後の話は猫物語で。

しかしアニメ版良く出来てるな・・・
あれだけ高評価なのが良くわかります。
アニメでハマって小説読み始めたので今更ですが。

とにかく、小説版もストーリー+馬鹿な掛け合いと
バランス良く出来あがっていて楽しんで読めました。

アニメ版しか観ていない方は是非小説版も観てほしい作品です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。