恋物語 感想

恋物語 感想

先程読み終えました。
ネタバレを思い切り含んでいるので読んでない人はご注意を。

いや~・・・

騙された!

語り部は戦場ヶ原か阿良々木のどっちかだと思ってたら、
誰が予想するのかというまさかの貝木。そら騙されるわ。

前半はギャグパートと言えばギャグパート。

戦場ヶ原が貝木に仕事の依頼をする訳ですが、
シリアスな話をしていても鼻眼鏡VSアロハのグラサン男。
この辺り物語シリーズっぽい。

脳内再生するとなんてアホな光景。

後は簡潔に言ってしまうと千石を騙すために
貝木が色々と動いて・・・というストーリー。

読み終えるとあれだけの伏線・千石を助けるとなれば
メインキャラ以外が一番ベストな選択だったのかと思います。
メインキャラが動くとなると千石が退治されて終了オチ以外は
多分、無理が出てたと思いますし。

貝木は最後に死んだっぽくなってましたが花物語でピンピンしてたので
まあ死んでないでしょう。

しかしまぁこの巻の阿良々木さんカッコ悪い^^;

それはさておき、貝木は結局いい奴だったと。
戦場ヶ原の詐欺の時も裏では助けるために動いていたと。

そんな事を言うと冒頭の通りに人は疑うのが面倒だから
信じたいだけ、ってなるんですかね。

ともあれ、この巻も楽しませて頂きました。
そしてファイナルシーズンが発表。あと3巻!

残るは扇・あとは多分忍野もなんかなってますね。

八九寺どっかで出てこないかなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。