傷物語 あらすじ・ストーリー

・傷物語 ストーリー

私立直江津高校に通う阿良々木暦は高校2年生から3年生に変わる春休みの初め、
同級生である羽川翼のパンチラを目撃したことがきっかけで彼女の友達になる。

その日の夜、暦は両手両足を失い瀕死の状態にある吸血鬼、
キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードに遭遇する。

暦は自らの命と引き換えに彼女に血を吸わせることで、
死に往く運命にあった彼女を助けようとするが、彼は吸血鬼として蘇る。

暦は彼女の下僕として彼女の四肢を奪った3人の吸血鬼ハンターから両手両足を集め、
その見返りとして吸血鬼から人間に戻してもらうことを約束する。

暦は怪異のオーソリティである忍野メメ、そして羽川翼の助力を得て3人のハンターに立ち向かう。

しかし、この物語では暦もキスショットも大きな「傷」を背負うことになるのであった。

(wikipediaより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2011年 10月7日
  2. 2011年 10月7日