花物語 あらすじ・ストーリー

・花物語 ストーリー

神原は幼い頃に死別した母から干からびた猿の手のようなミイラを譲り受けていた。
曰く、その手に願えばどんな願いでも三つだけ叶えられるという。

しかしその猿の手は、願いを叶える代償として
最終的に身体と魂を乗っ取る怪異「レイニー・デヴィル」だった。

駿河は二度まで願をかけてしまうが
先輩の阿良々木暦・戦場ヶ原ひたぎ達の助けによって怪異に取り込まれることは避けられた。

しかし、後遺症として左腕が怪力を発する毛むくじゃらの猿の手となり、
駿河はそれ以来左腕を包帯で隠して日常生活を送ることになる。

それからおよそ11ヶ月が過ぎ、駿河が三年生になった春、駿河は奇妙な噂を耳にする。
なんでも「悪魔様」に相談をするとどんな困った悩み事でも解決してくれるという。

悪魔の左手を持つ駿河は因縁めいたものを感じ、「悪魔様」の正体を突き止めようとする。
そして「悪魔様」がいるという学習塾跡地へと向かうのだが、そこに居たのは意外な人物だった。

(wikipediaより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2011年 10月7日