化物語 ストーリー・あらすじ

・化物語 ストーリー

高校3年生の少年・阿良々木暦は、文化祭の準備をしていた5月のある日
ひょんな事から2年間ろくに会話すらしたことがない
病弱なクラスメイト・戦場ヶ原ひたぎの秘密を知ってしまう。

なんと彼女には、およそ体重と呼べるものが殆ど無かったのである。

暦は秘密を知った日の放課後、ひたぎから秘密をばらさないようにと執拗な脅しを受けるが、それにもめげず彼女の秘密に対する協力を申し出る。

彼女によると、2年前に1匹の不思議な蟹に出会い重さを根こそぎ持っていかれたのだと言う。

実は暦もひたぎと同じような奇妙な体験をしており
その時に忍野メメという怪異に詳しい男の力を借りたのだった。

暦とひたぎはメメに相談する為、彼の住む学習塾跡の廃墟ビルに向かう。
メメによるとひたぎの体重を奪った蟹もやはり「怪異」であるという。

ひたぎはメメの力を借り、自分の体重を奪った怪異と再会するのだが
それには彼女自身が封じたある過去の秘密が関係していたのだった。

(wikipediaより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2011年 10月7日